2016年08月15日

ポケモンGOにおける便乗マーケティング

読者の方はもうやりましたか?
ランクはどの辺りまででしょうか・・・

実はやる気はなかったのですが、マーケティングに使えるかもとやってみることにしました
現時点でのランクはレベル6、まだジムで対戦はしていません

先日朝日デジタルにポケモンGOで集客を試みた商店街が紹介されました
(新聞よりこちらのまとめのほうが読みやすいかも?)
http://pokemon.appbako.com/archives/3626

この商店街はIT対策推進がもともとされている様で
情報のアンテナは敏感なようです

今回使われた有料アイテムは2万8千円
これで、人が集められてマスコミで紹介されたのは異例なほどの費用対効果です

今から暫くは有効な手段かもしれません


この現実を受けて、閃いたことがありましたが
すでに誰かが実行していました

いわゆるパクリアプリを作ること

実は、ポケモンGOはIngressというGoogleEarthを作った人が立ち上げた社内ベンチャーから始まったゲームをベースに開発されています。
位置ゲーと呼ばれるジャンルです

この機能のお陰で、開始早々全国のポケストップなどの拠点が設定されていたわけです

であれば、このポイントを自社に都合よく利用できれば来客に繋がるはず
Ingressでは、企業コラボがすでに先行して行われています
LAWSONやSoftBank Shop、AUTOBACS、伊藤園などいろんな企業が参画しています。

そして、国取りゲームのようなものやスタンプラリーのようなものから企業コラボアプリまですでにいくつか出ていました。

ポケモンGOの場合、一定期間がすぎればコアなファン以外は熱が冷めますし
企業コラボも増えそうで増えません。

飲食店や、商店街などが独自でアプリを開発できれば
地域密着型の位置ゲーアプリとしてまだまだ有効かもしれません。

開発経費や人材がないとしても、ポケモンGO割引を謳い文句にしているお店もあるようで
レベルに応じて割引率が変わるとかいう便乗商法もまだまだイケるでしょう
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスアイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

企業復活の決め手は何か

家電メーカーの海外ブランドへの身売りや、大手自動車メーカーの不祥事をよそにマクドナルドが黒字化に成功している

個人的には難しいと予想していたマクドナルドの企業再生だが
密かに進んでいたようだ

そのポイントは意外と思われた戦略だった

異物混入や賞味期限切れ食材などかなりのイメージダウンだったが
目新しい商品開発だけでは乗りきれるとは思えなかった

商品開発や営業不振店舗の閉鎖などやるべき営業努力はさることながら
スマホアプリ「KODO」によるクレーム対応策だ

お客様目線に立ち返り本来のサービスであるスマイル0円をメイン商品に改善していくことで
居心地の良い空間、親しみの有る存在感を取り戻してきた

アプリを通じて寄せられたクレームを改善しその有様をポスターに掲示し可視化した

つまり、食材問題やサービスの質は不透明さ故に取り返しの付かないレベルにまで到達していたわけで
それを改善し、全部公開することで安心感を取り戻し奇抜なネーミングや商品名公募などで親近感を演出した

では、一般企業におけるマクドナルドに学ぶべき企業再生のポイントは何であろうか
初心に帰り自社の優位性を見直し最大限生かすことではないだろうか
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスアイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

auの一寸法師は何でひっそりと?

auのコマーシャルは一寸法師云々を拡散することが目的の上手い手口!

企業側ではなく、コンシューマに語らせる大手ならではのブランディング手法。

これをそっくり真似すると一般企業は火傷します。

ブランドに対する親近感をもたらすには効果的で
即効性は低い、ボクシングのジャブの様なものです。

売る広告とイメージ戦略の広告を使い分けることで相乗効果が高まります。






posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

接遇の重要性

接遇という言葉を聞くと
テレビでよく見かける平林都先生を思い出しますが、

近所に綺麗な自転車屋さんがあります。
昔はボロボロの建物だったのだけど…

パンクしている自転車を修理してもらおうかと寄ってみたら、若いスタッフが爽やかに対応してくれて金額の説明もきちんとしてくれました。

当たり前の事なんだけど
当たり前な事をキチンとこなしてくれると
今度、新しい自転車買う時があればここにしようかと心が動きますね!

ビジネスの基本ができてるから
店舗も建て替えたのだと納得です。

あなたの会社の従業員は
接客がキチンと出来てるでしょうか?

お客様目線でチェックする事は大事です。
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

Windows10のトラブル回避

Windows10のアップデートでお客様がトラブルことが続いてます。
ドライバーやセキュリティソフトのバージョン違いでログイン後のデスクトップが点滅してカーソルがコントロールできない現象が多い様です。
解決策は、セーフモードで起動し終了させるか、セーフモードの後Nortonセキュリティからセキュリティソフトの削除ツールをダウンロードし削除するですが、セーフモードの方法がアップデート前のWindowsとは違う為困惑します。
セーフモードにするには起動した状態からShiftキーを押して再起動します。
オプションを選択しトラブルシューティングから詳細オプションをクリックしスタートアップ設定をクリックし再起動を選択すると番号付きのメニューが表示される。
5のセーフモードとネットワークを有効を選択するとセーフモードで起動します。
そこで、Nortonセキュリティなど怪しいソフトを削除し普通に起動します。
これが面倒ならば、アップデートの前にNortonを削除か最新バージョンにアップデートしておきましょう。

posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

中小企業の時代

これからは、大きくなりすぎた大企業は解体を続けスリムに成らなければ生き延びれない時代です。

先般、大手家電メーカーのシャープやソニーがそのシンボル的事業を別会社にしたり売却し企業規模の縮小をしています。

しかし、中小企業その影響を受け関連倒産なども出てくるかもしれません。

そこで、現在のネット事情としてクラウドサービスの時代が到来しビッグデータを大企業でなくても利用できる時代となりつつあります。

例えば、FacebookやTwitterに書かれている自社の評判などを収集し解析するツールや、自販機や工業機械などにセンサーを付け情報収集しメンテナンスや補充を無人で管理するツールなど、今まで大手企業でしか投資できなかった解析ブログラムなどが事業規模に応じて利用可能になっています。

Cloudのツールは基本のサービスが幾つかあり、そこに予め開発されているプラグイン的なプログラムを組み合わせて自社独自のプログラムを瞬時に構築していきます。
時間の短縮とコストパフォーマンスも良く、必要な機能を独自に開発することも可能です。
そして、開発した独自機能を販売することも出来ますから、投資の回収も可能となります。

もっと具体的な例を上げてみると、ある旅館がクラウドサービスを通じてビッグデータを利用するということのメリットは、宿泊予約から客室係・厨房・ルームサービスなど全従業員が当日のデータを共有できます。
客室係は、お客様の要望に応じて部屋の準備ができ、厨房はアレルギーや食べれないモノやお好きな食べ物・記念日などの情報を得られます。ここまでは、お客様からのネット予約の申し込みだけで実現できます。

さらに、実際のオペレーションで生じたクレームや感動したことなどが旅館ではなくFacebookなどで書かれていた場合、Facebookから情報を収集することで物言わぬクレーマーへの素早い対応や、お客様の感動に感謝の手紙やメールを送ることが出来、リピートにつながりやすく成ります。
しかも、これだけの事を月がつ数千円〜数万円で実現可能であれば大きなホテルでなくても導入し易いはずです。

自社オリジナルでシステム構築をすると、プログラム開発に数百万、プログラムの運用・メンテナンスに月額数万円を要します。
しかも、ネット環境が変わるたびにシステムのバージョンアップの必要からプログラムの変更に数十万円かかる場合もあります。

クラウドサービスは、提供されたサービスは全て自動アップデートですから自社独自のプラグインだけ修正すれば良いわけです。

これからの時代は、中小企業でもビッグデータの恩恵を安価で手に入れる時代です。
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

cloud事情

ITと地方行政と就眠サービス
そして中小企業

cloudのカスタマイズはそこまでできる時代に

Facebookの書き込みと顧客情報をシームレスにリンクさせ
カスタマーの本音に対応できる時代になったという事です。

SNSだけではなく既存のCSRや業務システムなどと連携し多くの人が情報を共有する事がこれからの時代には必要なのです。

時間の単位が、確実に早くなっているのです。
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

コストカットのつもりで売り上げダウン

最近は、経費削減として節約する企業が多い

その代表的なものが印刷物などの販促系に関するコストカットです。

名刺や伝票の類から宣伝用のチラシまでデザインを社員にさせて印刷経費を削減
巷にはデザインさえあればネットで格安印刷できますからそう考えるのも当然のことです。

大企業ならまだしも、中小企業の場合
作業や営業に関わる人ではない事務員にやらせていませんか?

もし、本来業務以外のことをやらなかった時代に加えて会社が機能しているでしょうか?
外注する内容に時間を取られ作業に追われ本来業務が疎かになり結果的に営業や作業現場にしわ寄せが来て結果的に売り上げダウン。

逆に、本来業務に徹することでスキルアップし売上アップのチャンスを失っていないでしょうか?

パソコンが社内に導入され、今では社員1人に1台くらいあってもおかしくない時代。
パソコン万能説を盲信する経営者の方は要注意です。

外注するべきところは外注し、社内でしか出来ないことを大事にし
良い製品、良いサービスを提供することが大事ではないでしょうか?
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

YouTubeと言う名の広告サイト

企業のマーケティングを考えたときに
テレビCMの様な動画やお店紹介や企業サービスの紹介を流したくなります。

でも、それが効果的であるかは場合によります。

YouTubeが始まった頃は使いかも好きな動画や音楽をアップしたり、前述の様な企業PRが多かったのですが、グーグル傘下に入り様々なコンテンツが増え、視聴数格差も出てくることにより、より戦略的なサイト構築が大事となって来ました。

ビジネスに特化した場合は、何をどの様に表現しどう見せるかも重要となります。
posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

SNSの行方

様々なサービスが溢れる中

確かにメールからホームページ、そしてブログと情報発信が多様化したのと同様に、Facebookがその主流となって来ました。

そこで、ユーザー数が増えるとともに情報過多になり、情報収集や発信が埋もれていくと思われます。

そうなると、次の主流はどのサービスなのかと探し始める。

特定のコミュニティーを中心にしたSNSが増えていくと思われます。

ビジネスを中心にしたSNS
育児を中心にしたSNS
写真を中心にしたSNS
音楽を中心にしたSNS
芝居を中心にしたSNS
アイドルを中心にしたSNS
鉄道を中心にしたSNS

などなど、趣味や嗜好や環境を中心にしたコミュニティーの交流会的なSNS

すでに存在するものがありますが、インターネットで主流となるのは女子高にウケるかどうかという一面がある。

ネットに詳しい大人が先に始めるが
女子高は感性で良いものや流行るものを嗅ぎ分けます。

若者が拡散し始めたことでブレイクしたものとしてはLINEがよい例です。

そう考えた場合、携帯電話やスマートフォンで使いやすい国産のサービスが鍵となると思います。

posted by ネットビジネスコンサルタント・ミスターT at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ登録フォーム

2009年1月よりメルマガを発行します。
不定期になるとは思いますが、ブログとは別なアイディアをお届けします。
参加メールアドレス
退会メールアドレス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。